学習用英和辞典

小学館の『ワードパル英和辞典』なかなかいい。『ジーニアス』のレキシカル・フレーズみたいのがけっこう載ってる。
tell の項に
Do tell. へーっ,あっそう(あまり気のない相づち,「ぜひ話しなさい」の反語表現)
なんてのがあって,勉強になった。

巻末に「新学習指導要領の内容を生かした機能表現」というページがあって,ある状況を伝えるのに適した表現方法を何種類かで表している。

A: ごめん,ごめん
B: いま,何時だと思っているのよ.1時間の遅刻よ
A: 出がけに電話がかかってきて,道路が込んでいて,バスはのろのろ運転で,駅に着いたら列車は出たばかりでなかなか来なくてさ
B: そんなこと言って,いつだって遅れるんだから
【伝達表現】
A: A apologize for being late. The telephone rang just when I was leaving. In addition, the road was crowded and our bus didn't run smoothly. To make matters worse, the train had just left when I arrived at the station.
B: I was wondering if you had the correct appointment time. I kept waiting for you there for an hour. I'll accept your excuse, but I have to tell you that you're not very puctual.
【感情表現】
A: Sorry I'm late.
B: What time do you think it is? You're an hour late.
A: I had a call when I was leaving. Then, our bus was caught in a traffic jam and moved very slowly. And, I just missed the train when I arrived at the station.
B: A poor excuse, John. You're never on time.

例はちょっとありきたりで面白みには欠けるかもしれないが,こういう試みを付録とはいえ辞書でやっているというのが興味深い。
『フェイバリット』にも会話例を載せたページがあったりして参考にしているけど,高校生の読者はそういうページ読むのかね。読まないか。