Sayonara, Gangsters ISBN:1932234055

われらが高橋源一郎の『さようなら、ギャングたち』がようやく英訳されて先月出たらしい。Powell's のレビューではすごく褒められている。
http://www.powells.com/review/2004_05_29
読んだはずなんだけど中身は全然覚えてない…「中島みゆきソングブック」という登場人物が出てきたのは記憶にあるけど,それは NHK-FM でラジオドラマ化されていたのを聴いていたからだろう。

[5月31日追記]
id:shelflife さんが Excite ニュースで既報。
http://www.excite.co.jp/News/bit/world/00071082337254.html
高橋源一郎の公式サイト http://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/ でも見ていたのを思い出した。
上記 Powell's のサイトを見ても翻訳者の名前(Michael Emmerich,吉本ばなななどを手がけた人)がわかりづらいんだけど,向こうの読者はあんまり翻訳かどうかを意識しないで読んでるのかな。辻なんとかという元お笑い芸人がフランスのフェミナ賞を受賞したことがあるが,あれなんか翻訳のおかげではないかという説があったように,受け入れられるかどうかは翻訳の質で決まるようだが,その割に翻訳者はあまり注目されないのかもしれない。