萌え単ブログ

id:oceanid は「もえたんブログ」。

もえたん」に収録されている英単語や文法などを、まじめに論評するものです。

ということなので期待。
8月4日は扉の英文に関する記述で,the most mysterious という最上級を使ったことに関する疑問を呈しているが,「受験生」を "a candidate for university" としたこともひっかかる。university を無冠詞単数形で使うことは増えてきているものの,それは go to college とか at college などの応用。特定のケースで college が特定の機能を持つものとして school や church などと同様に無冠詞単数で使うことを university にも拡大したものであって,ここではたぶん不適当。
また,「受験生」は英語圏の文化で相当する概念がないと思われるので訳しにくいが,candidate だと混乱するのではないか。英辞郎には,次のような例文があるが…

非常に多くの受験生を集める
draw a great many candidates for examinations

自分なら a worried student とかでごまかすところだ。

ところでこれを調べているときにこんな記述を発見して軽い衝撃。http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200404040600000000118349000

どの単語も辞書では調べなかった。
なんだか、紙よりインターネットで調べたほうが、温かみがあると思うからだ。
誰かとつながってる感じがする。

英辞郎とか yahoo 辞書みたいなサイトでも温かみがあるのかな。