コーヒーのいれ方

このところインスタントばかりでレギュラーコーヒーをいれてなかったが,久しぶりに豆を買ってきていれてみた。妻が以前カタログハウスで買った金のフィルターというのを使っている。これは紙のフィルターと違って何度も洗って使えるし,塩素も含まれないから環境にも身体にもいい,というのがふれこみで,それはその通りだったのだが,目が詰まっているのでドリップに時間がかかりすぎ,飲む態勢になるころにはけっこう冷めてしまうことが多いのが欠点。本当はそれに合わせて豆の挽き方も変えればいいのだけれど。
今は紙でも塩素無漂白のフィルターが入手しやすくなっているからそれを使うとして,そのうちネルドリップなんかも試してみたい。一時期は片岡義男の本なんか読んで試行錯誤したものだったからそれを思い出して。
で,今日インテリア用品とかそういうものを売ってる店に行ったので見てみたら,なんかコーヒー関係はネルドリップ用の道具しか置いてないみたいで,その説明を見ると,ネルは使用後きれいな水に浸して冷蔵庫に入れとけとか書いてある。ちょっとめんどくさいなーと思って結局買わなかった。