ちくまプリマー新書

考えるための道具箱id:yasulog:20050127#p3 で話題になっているが,ちくまプリマー新書というのが創刊されたそうだ。「ちくまプリマーブックス」というレーベル(NHKブックスとか新潮選書なんかと同じ判型だったと思う)が既にあるけど,それはどうするんだろう。
本文13.5級かあ。今はそれぐらいが標準になってきたってことだな。
いかにも筑摩という筆者陣で意外性があまりない。もうちょっと若い書き手もそろえたほうがいいと思う。あと,人文系にちょっと偏りすぎというか,自然科学系がもうちょっと欲しい気がするけど,売上的にはどうなのかな。