国語辞典の世界

石山茂利夫『国語辞書事件簿』草思社)読了。
国語辞典の世界はあんまり知らないけど,『例解国語辞典』の秘められたちょっと情けない増刷事情,『広辞苑』の新村出を批判した松井簡治(げ,ことえりが一発で変換した)の話など興味深く読める。
でもこの人の文章があんまり好きになれないタイプ。「論文じゃない」のをいいことにオレがオレが言い過ぎ。あと,この本読むと国語辞典のことが信じられなくなる,というか,昔から国語辞典はそんなにあてにならないものだと思ってきたけれど,それが裏付けられる。
むしろ和英辞典を引いたほうが言葉の意味なんかよく見えると思う。基本語彙の場合は特に。でも,さすがに和英じゃ項目が少なすぎて国語辞典の代用にはならないなあ。