さらばbk1

bk1 がやっとリニューアルを果たしたけれど,使う頻度が上がるかどうかはわからないなあ。
検索しても本が見つからない。たとえば,『2トーン・ストーリー』ISBN:4401619226 はなぜ検索でヒットしないんだろう。ほかにも昼間やってみてヒットしないのがあった。
トップ > 辞典・統計・年鑑 > 言語辞典・辞書(http://www.bk1.co.jp/category/5852)というページから,「最近発売された商品一覧を表示する」をクリックすると,やっぱり表示は遅い。「「+pb:ZFIFC 2005」で検索した結果 43 件の書籍が見つかりました」と表示される。そんな検索式は入力してないんだけど……というのはまあいいとして,「次へ」でどんどん押していくと,件数に達しないところでデータがなくなってしまうという現象が起きた(今はもう直っているみたい)。

[追記]
やっぱダメじゃん。たかだか854件程度で

検索サーバへの負荷が集中しているため、結果の取得に失敗しました。
検索対象を絞り込んで検索しなおしてみてください。

なんて表示が出る。DBにけっこうな欠損が出ているらしいという話も聞いた(上記の本もその一つなのか)。

しかもCOOの河野氏のページ http://takeshi.sub.jp/blog/archives/000657.html には

ぼくは目的の本しか買わないことが多いのでどういうインターフェイスが本当に探しやすいのか実はあんまりわかっていません。

という驚くべき記述がある。おかしいのは彼がわかっていないことじゃなくて(それはどうでもいい),わかっている人間がいないらしい,あるいはいても意見が反映されていないこと。だいたい今回のリニューアルなんて客にしてみればだれが頼んだわけでもないし,目的もよくわからず(もしかしてトップページの表示が速くなりゃよかったのか?)勝手にスケジュール組んで勝手にこけて,あげくの果てに検索は相変わらず向上してないどころか悪くなってる部分もある,とくれば寄り付かなくなるのは自然。

[さらに]
トップ > エンターテインメント > 音楽 > ジャズ とたどっていくと,http://www.bk1.co.jp/Category/9 というページで『九代正蔵襲名』以下,落語や芝居の本がずらり。こぶ平(ついまだこの名前で呼んでしまう)がジャズファンなのはわかるけど,これはないだろう…
ちなみに同じ会社の人が「ああ,最近襲名しましたよねえ,海老蔵」。ってそれ違う人。