定刻発車

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)

タイトルを裏切らない,まさにどんぴしゃりのタイミングでの文庫化。あのような大惨事が起こってしまってから読むと,この本の中で称揚されている運転士というか鉄道関係者の職業倫理というのが実のところどこまでまだ生きながらえているのか,疑問に思うところもないではないが,日本の鉄道がこれからも正確であり続ける必要があるのか,という点までちゃんと問題提起している。すごい本だ。必読。

日本の社会は,なぜ鉄道にこれほどの正確さを求めるのか? また、鉄道人たちはどうしてその要求に応える強い意思を持ち、実際に応えることができたのか? これほどの正確さを実現させた日本の社会とは、一体何なのか? …(中略)…そしてこの正確さを、今日の日本の社会は、十分に活かし切っているだろうか? 今後もなくてはならないものなのか?
(序章 p.22)