Musical Baton

いつどこから回ってくるかとドキドキしていたら、id:torly さんから回ってきたよ。ありがとう。id:tobiyan さんのところでジェシ・デイビスの名前が挙がっていたのには少々驚いた。楽しいなあ。
ゆっくり考えて書きたいけど、気になって仕事が手につかないような気がするので書き飛ばす。というか5曲に満たないのであとで追記します。

Total volume of music files on my computer:(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

家の iBook には19GBぐらいかなあ。iPod には13.87GB入ってる。

Song playing right now (今聞いている曲)

今は聴いてないけど、通勤中に最後にかかったのは、Norah Jones セカンドアルバム3曲目の Those Sweet Words だった。1枚目はわりとすぐに飽きたけど、これはあんまり飽きない。

The last CD I bought(最後に買ったCD)

Momentum

Momentum

未だに拍子がとれない曲があるよ!

Apparitions

Apparitions

テナーで Chris Potter が参加。この人けっこう好き。

"SFJazz Collective"

Joshua Redman 参加。

Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

撃沈魚雷 - The Roosters

初めて知ったのはラジオで聴いた「ニュールンベルグでささやいて」だったが、12インチ盤でその後に入っていたこの曲の存在がなければ、これほど熱烈なファンにはなってなかったと思う。ボ・ディドリーのリズムパターンに乗ったロックという意味では、The Stooges の 1969 なんかと同じだけど、これは別次元に達していると思う。池畑潤二のドラムにはしびれた。花田裕之のギターにもロック的かっこよさが充満していた。ルースターズがこの路線でちゃんとしたアルバムを出していれば……

Stand by Me - John Lennon

妻に思いを告げたときのBGMですわ。いや、ライ・クーダーのバージョンだったかな。でもいちばん好きなのはジョン・レノンのバージョン。

Chega de Saudade - Antonio Carlos Jobim

頭にあるのは没後に出た『イネージト』のバージョン。ジョビンじゃなくてジルベルトでももちろんいい。これについてはもうさんざん語ってきたんで、特にここで付け加えることもないかな。とにかくメロディとコード進行だけで酔える。ジャズメンも演奏しているけど、クインシー・ジョーンズのビッグバンド以外ではあまり感心したことがない。アドリブ不要。

My Sweetness - Stuff

NHK-FM「軽音楽をあなたに」のテーマ曲だった。リチャード・ティーとの出会いはこれ。

You're What's Happening in the World Today - Marvin Gaye

"In the Groove" または "I Heard it through the Grapevine" というタイトルのアルバムの最後から2曲目に入っている。メロディアスで弾むようなベースが好き。ジェマーソン?それともコニーキャロル・ケイ?

Musical Baton 次の五人

ネット上でしか交流のない(または一方的にこちらがファンの)方ばかり選んでみた。黙殺してくださっても結構です。

[追記]ありゃー、たださんは既に回ってたのね。前アル・ジャロウブルーノートに見に行った話を読んだことがあったので、そっち系の話がまた読めたらいいなあ、と思ったんだけど。