小谷野敦

おれは悲しい。名著『八犬伝綺想』ISBN:4480085408 の著者が、くだらない本を量産しているのは実は知っていたが、「禁煙ファシズム」を攻撃する気違いじみた文章を書き散らかしているのを見るに至っては失望を通り越して憐憫さえ覚える。あまつさえそのテーマで本まで出してしまうなんて。
禁煙ファシズムと戦う』、ちょっと読んでみたくはあるんだが、id:jun-jun1965 の最近の文章、とくに噴飯ものの訴状素案まで見てしまったのでその気が失せた。
こいつ受動喫煙には害がないなんて本気で思ってんの?喫煙の害は別に肺がんだけじゃないこと、わかってんのかな。おれは喘息持ちなんだけど、5メートル先の風上に喫煙者がいれば気管支が収縮して痰が出始める。煙が拡散して無害になるには、無神経な喫煙者が思っているよりずっと広い面積と空気の流れが必要なんだよ。煙が漂う先まで完全にコントロールできるんだったら公共の場所でも吸ってくれていいけど、そうじゃないんだから喫煙者が譲るのは当たり前だろ。あーくだらね。

禁煙ファシズムと戦う (ベスト新書)

禁煙ファシズムと戦う (ベスト新書)