次期FRB議長

インフレ目標政策を提唱してきたバーナンキグリーンスパンの後任に指名された。想定の範囲内の人選だし、id:zokkon:20040203 で紹介した訳書も出てるんだから、報道各社にとっても彼が何者であるかは周知のことと思うけど、毎日の記事FRB:経験乏しく、厚い信任維持できるか バーナンキ氏なんか見ると、あたかもそうじゃないような印象操作を行っているような感じ。どういう意図があるんだ?
ブログ検索しても「アメリカの竹中さん」「さてこのバーナンキさんはいったいどんな人なのでしょう」なんて書いてるバカみたいなのがわらわら出てくる……
(と書いてリンク張ってあったんだけど、別にこのアサマシブログの主に何の恨みがあるわけでもないし、コメント欄からもたどれるんでこっちのリンク消しました)