kick the bucket

イディオムに関する研究発表を読んだり聞いたりしていると、idiom という語の定義が問題になることがある。一番狭い意味では、その句を構成する個々の語の意味の組み合わせからは句全体の意味が推測できないような、「透明度の低い」ものだけをイディオムと呼んでいる。なぜかその代表例としてよく出てくるのが kick the bucket(くたばる)。
slashdot.org の Another Sony Format Bites the Dust という記事にこの表現が出てくる。もとはロイターの記事のタイトルだけど。bite the dust というイディオムも、「死ぬ」とか「壊れる」とか「破産する」という意味で類義表現。
Queen の歌に Another One Bites the Dust というのがあった。

Game

Game