読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

culture shock

小谷野敦氏が

私が留学した頃は、盛んに「カルチャー・ショック」という言葉が使われていた。正確にいえばカルチュラル・ショックだろう。

と書いている(id:jun-jun1965:20070129)けど,culture shock はちゃんとした英語だろう。むしろcultural shockの方が特殊な言い回しではないか。英和辞典だけではなく,LDOCEなどの学習英英辞典にもculture shockという分離複合語は出ている。Cambridge Advanced Learner's Dictionary に収録された culture shock の例文は以下の通り。

It was a real culture shock to find herself in London after living on a small island.

原語のculture shockにゼノフォビア(一応つづりを示しておくとxenophobia)的な含みはないと思うけど,日本語の「カルチャー・ショック」にはあるのかな。少なくともぼく個人はそういうふうな感じを持ったことはないけど,最近自分の語感には自信が持てないからな。