翻訳書を読んでいて目に留まった語

ANA

なぜか英和辞典ではAll Nippon Airways(全日空)しか載せてないものが多いけど,こういうのは必要なのかね。発信用途も兼ねると称する学習用辞典で特に目立つのだが(まあ自分の担当した書籍でもそうなんだけど),英語の文献を読んでいてANAが全日空を指すケースはごく限られているだろうし,そうであったとしても日本人ならだいたい文脈でわかる。むしろ,Association of National Advertisers(全米広告主協会)なんかを示すほうが読解という場面では重要じゃないだろうか。

Astroturfing

『ブログスフィア』p. 225に出てきた。「無関係な人々が一致団結して何かに対して声を上げたかのように見せかけること」という解説がついている。AstroTurfというのは米国製の人工芝のことで,これは8万項目規模以上の英和辞典にはたいてい載っているが,動詞として用いてこういう意味になることは英和辞典では見たことがない。しかし人工芝からこういう意味が導かれたというのは,どういう経路をたどっていったんだろうな。
ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち
ロバート・スコーブル シェル・イスラエル 酒井 泰介
4822245292