jab

jabというのは,ボクシングの「ジャブ」のことでもともと動詞で「突き刺す」の意。Schoolgirls to get 'cancer jab' (BBC)という記事のjabは予防接種のこと。『ジーニアス英和辞典』(第4版)は名詞の語義2に「(主に英略式)皮下注射;予防接種 (vaccination)」と載っている。子宮頸がんの予防のために注射をさせるらしい。
ちょっと余計なことを言っておくと,上記G4の記述でvaccinationというのはもちろん「予防接種」のことで,同義語を丸カッコに入れて表しているわけだけど,使用域がかなり違うと思われるので,留保なしにこれを示されると違和感がある。