読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exit

exitは「出口」で中学生でも習うけど,ビジネス系のブログなどで「エグジット」というカタカナ語を見かける。これは「投資ファンドにおける投下資金回収手段・戦略のこと。IPOや他社への転売、売出などが一般的。」(exBuzzwords用語解説)という意味で,学習用英和辞典にはなかなか載っていない(引用した文の中で「転売」とあるのは「売却」の方が適当じゃないか。「売出」って何だろう)。
ウィズダム英和辞典』(第2版)ではexitの分離複合語としてexit strategyを示し,「出口戦略(損失を最小にするための撤退計画)」という訳と解説を記している。『ジーニアス英和辞典』(第4版)では,同様に「exit strategy 出口戦略《会社などの売却[整理]戦略》」としている。いずれも,事業者の立場での言い方だと思う。一方,冒頭でよく見かけると書いたのは,投資家の立場からの言い方で,英和辞典でカバーされてないと感じるのはこっちの方。
小学館の『プロフェッショナル英和辞典スペッドベガ』には,exit strategy に2つの語義を示してある。(2)はまさに投資家の立場の意味を示している。

(1) (有利な条件で退職するための)退職戦略
(2) (投資家の)売却戦略

「撤退戦略」という意味が載ってないのは気になる。
プロフェッショナル英和辞典SPED VEGA 社会科学編
堀内 克明 渋谷 彰久
4095067217