今日は何の日:7月19日

ビルマ建国の父」アウンサン暗殺

ビルマ(現ミャンマー)の英国からの独立を目指す闘争は第1次世界大戦後から盛んになり、太平洋戦争中の日本による軍政を経て1948年1月4日にビルマ連邦共和国として独立を達成します。完全な独立を目前に控えた1947年7月19日に、独立運動と抗日闘争を指揮してきたアウンサン Aung San (1915-47) はほかの閣僚らとともに暗殺されました。

アウンサンは学生運動の指導者として頭角を表し、次いで独立運動組織の「われらビルマ連盟」(別名タキン党)に参加します。日中戦争で援蒋ルートを分断するために独立運動を利用しようとした日本軍の協力を得てビルマ独立義勇軍を組織して戦い、英軍を駆逐するのに成功すると、1943年8月に名目上「独立」したビルマ国の国防相に就任します。しかし日本の軍政に対する疑念が強まり、1944年には共産主義者らも糾合して反ファシスト人民自由連盟(パサパラ)の前身を組織しました。1945年3月27日に日本軍に対して蜂起して連合軍に協力します。戦後は再び英領となりましたが、独立交渉をアトリー内閣に対して粘り強く行い、1947年1月に「アウンサン・アトリー協定」Aung San-Attlee Treaty を結んで1年以内の完全独立を約束させました。

暗殺事件は、アウンサンの政敵だったウー・ソオ U Saw の指示によるものだったとされ、ウー・ソオは後に死刑になりますが、実は他に黒幕がいたという説もあるようです。ちょっと幕末の日本を思い起こさせます。

なお、アウンサンの長女がノーベル平和賞受賞者で現在はミャンマーの国家顧問を務めるアウンサンスーチー Aung San Suu Kyi です。日本語では「スーチー女史」などと呼ばれることもありますが、ビルマ人は姓を持たず、アウンサンスーチーが一つの名前なので、分けるのは本当はおかしいのです。