今日は何の日:7月25日

試験管ベビーの誕生

1978年7月25日、世界初の体外受精技術(in vitro fertility; 略して IVF)による出産が成功しました。生まれた子供の名前はルイーズ・ブラウン Louise Brown といい、イングランドマンチェスター郊外にあるオールダム地域総合病院で帝王切開による分娩でした。当時から倫理的に非難する声もありましたが、この成功によって不妊に悩む人々に希望が広がったことは間違いないでしょう。

当時の日本の報道では「試験管ベビー」という言い方がなされました。英語での a test tube baby という言い方を直訳したものでしょうが、時代を感じさせます。

また、こういう形での出産が行われたことを当事者の名前もそのまま発表するというのは、現在の人権感覚からは外れているようにも思えます。報道記事で扱われることでその生育費用をまかなうという契約があったようです(BBCの記事より)。