コーパスを用いてあれこれ言うことに対する批判

純粋に研究の面でコーパス言語学に対する批判はいろいろあるだろうけれど,研究者ではなくさりとて素人でもない,言ってみればぼくと同じような立場の人たちに関する話。ある程度の規模(数百万語ぐらい)のコーパスなら個人で作れるようになってきたため,それをもとに意見を述べる人も増えてきた。これからは,そこのところで発生しているノイズを見分けることも必要になってくる。
たとえば,2ch の English 板の辞書スレで「自分の作ったコーパスでは copy に『了解する』という用法が目立つのにこの辞書にはそれが載ってないからダメ」といった意見を開陳する人がいてちょっとした祭りになった。そんなようなことは今後いくらでも起こるだろう。