花粉症と私

この季節、ご多分に漏れず花粉症には悩まされています。たぶん小さい頃からですが、昔はアレルギー反応だとは思っておらず、熱の出ない風邪と認識していました。花粉症という概念が世間で広まるようになって初めて、自分もそうだったのかと思い至った次第です。

ということはかれこれ40年以上もこの病気とつきあっているわけですが、幸いにも症状は軽く、目がかゆくなったり鼻水がふだんより多めに出たりくしゃみが頻発したりする程度です。

アレルゲンへの曝露が一定量を超えたら発症するらしいですが、症状の重さが病歴の長さや曝露量と比例するわけではないのでしょうね。

それでも不快感はあるので、若干の備えはしています。

まず、乳酸菌の摂取。ほぼ毎朝ヨーグルトを食べています。その効果については賛否あるようですが。

また、数年前に鼻とその周辺に塗って花粉を入り口でブロックする市販薬がはやったことがあり効果があったような気がするので継続しています。最初はその薬を購入しましたが、やはり高いので、ここ数年は白色ワセリンで代用しています。安いし、マラソンの肌の擦れ予防にも使えて一石二鳥です。綿棒で鼻の穴の奥まで塗りつけます。

f:id:zokkon:20190309175114j:plain

あとはマスク。嫌いなのでなるべく着けたくないのですが……。

ところで、ランニングをするときは戸外ですから、ある程度長い時間にわたって花粉にさらされるわけですが、走っている間にくしゃみが出たり目がかゆくなったりして困った経験は記憶にありません。おそらく多くの人がそうだと思います。マスクを着けて走っている人もあまり見かけませんし。身体としては、運動からくるストレスへの対処のほうを優先するということなのでしょうか。

僕の場合は走る時間帯が早朝なので、まだ花粉の飛散量が少ないことも関係している可能性はあります(花粉の飛散量は通勤の時間帯に多くなる傾向があるという意見があります)。

走っている間はいいとしても、外から持ち帰った花粉でその後に症状が出ることもあるでしょうから、家に入る前に花粉をしっかり払い落とすことは心がけておきたいと思います。

……と書いてから検索して見つけました。走っている間に花粉が気にならないのは、交感神経と副交感神経の働きによるものだそうです。上に書いたのはあたらずといえども遠からずだったと言えるでしょうか。

mg.runtrip.jp

口腔癌のこと

堀ちえみ(芸能人なので敬称略)が口腔癌にかかって手術を受けることになったというニュースが流れたのは昨日のことでしたが、もうずいぶん前のことのように思えます。

癌と分かるまでに時間がかかりすぎじゃないかといった声も聞かれましたが、いろんな不運が重なってのことなのでしょう。とにかくこれからの治療がうまくいくことを祈ります。

治りにくかった口内炎が長く見過ごされたというのが驚きでした。僕も2年ぐらい前に1週間ほど口内炎が治らなくて、もしかして舌癌じゃないかとビビって口腔外科に行ったことがあります。当時飲酒の頻度は高かったし、歯並びが悪くて口の中に外傷ができることもよくあるので高リスク群だろうという自覚がありました。

結果はただの口内炎で、病院に行ってわりとすぐ治ってしまいました。しかし用心に越したことはないと思うので、これからも早めに診てもらうようにします。あと、寝るときに横向きだと舌が左右どちらかに偏ってしまって、下になっていたほうに傷ができたりするので、これも気をつけます。

そういえば、以前ミクシィで知り合った僕より10歳ぐらい若い女性が、「舌癌になって舌を2/3切除しました」と日記に書いてあって衝撃を受けたこともあります。彼女は予後は良好だったように見えましたが……今はどうしているでしょう。

f:id:zokkon:20190220062706j:plain

写真は明け方のスーパームーン。自宅マンションの外廊下からはもう少し大きくきれいに見えたのですが、写真を取り損ねたので、朝のジョギングの途中で撮りました。

完成度の向上を目指して

一度ここでレシピを書いた品目を、完成度の向上を目指してというわけでもないのですが、また作ってみました。

鯖カレー

カルディで鯖フィレ缶というのを買ったので、前回からちょっと変えてまたカレーを作ってみました。味噌煮ではないのでルーを2個に増やしています。あと、気分で人参も少々入れました。

f:id:zokkon:20190216113653j:plain

材料(2人分)
  • サバのオリーブ油漬け缶詰……1個(100g入り)
  • カットトマトの缶詰……1/2個(400g入りの半量)
  • 玉ねぎ……1/2個
  • 人参……1/4本ぐらい
  • にんにく……少々
  • カレールー……2片
  • オリーブ油……サバ缶に入っていたものを使う

結果としては、人参にはもう少し時間をかけて火を通したほうがよかった。ルーの投入が早すぎたわけです。あるいは水を少し加えるか、もっと火の通りが早い野菜を使うべきか。ピーマンなら問題なかったと思いますが、セロリなんかでも試してみる価値はあるかもしれませんね。

https://www.instagram.com/p/Bt7fOp-B7dFK3dlgTo0J_O_xvnZLhl_kZWWN_A0/

今度は鯖フィレ缶でカレー作ってみた

ホット・バタード・ラム・カウ

ホット・バタード・ラムの応用で、お湯の代わりに牛乳を加えたものをホット・バタード・ラム・カウと呼ぶそうです。蜂蜜は使い切ってしまったので代わりにメープルシロップを使いました。

材料(1人分)
作り方
  1. グラスに牛乳を注ぎ、レンジで温める(600Hzで80秒ぐらい)。
  2. メープルシロップを入れてかき混ぜる。
  3. ダークラムを注ぐ。
  4. バターを浮かべシナモンを振りかける。

https://www.instagram.com/p/Bt8f9ZkBULIe5OavlOUjzpZ5eeR95zTErM8MRk0/

ホット・バタード・ラム・カウを作ってみた。意外とうまいな

ラムを前回より控えめにして、牛乳を熱めにしたら、うまくいきました。この写真では全然うまそうに見えませんが……。メープルシロップとの相性を考慮して前回使ったクローブの代わりにシナモンにしてみました。

ラムはあとカクテルを1回作るぐらい残っているので、次は何を作るか考えてみます。

ランニングシューズの寿命

ランニングシューズの替え時っていつなんでしょう。こんなことが気になるのは、新製品が出たりして物欲が刺激されているからなんですが。

ランニングの記録アプリとして、メインではRunkeeperを使っています。どの靴を履いていたかを記録する項目があり、その靴での累積走行距離を算出して示してくれます。

その数字がある値を超えると「シューズの替え時です」とか何とか知らせてくれるのでしょう。まだそこまで達したことがないので、どんなアラームが発されるのかわかりませんが。

その数値は400kmに設定されています。11月に買って今メインで履いているナイキのフリーランが先日あと100kmを切りました。

ということは、この調子で距離を延ばしていくとすれば半年足らずで寿命が来てしまうのでしょうか。

Runkeeperはアシックスの傘下に入ったから距離の限界を短めに設定してあるのかもしれないと思い、ちょっと調べてみたら、ブルックスは500〜700kmとしています。やっぱり……!

www.brooksrunning.co.jp

2014年春に買ったアシックスのGT-2000なんかは、そんなに走り込んでない時期に履いていたので距離はあまり行ってないはずですが、この前久しぶりに履いてみたらそれなりに左右の傾きも感じられたので、とっくに寿命が来ているのでしょう。おそらくブルックス基準でも。

1足だけを履き続けるよりも複数で回したほうが靴の寿命自体も延びると思うので、いくつか買うという手もありますね。

今狙っているのは、サロモンのSONIC RA 2 とアンダーアーマーのホバーインフィニットです。

www.salomon.com

www.underarmour.co.jp

2度目の30km走は杉並区の水辺で

3連休の最終日の昨日、フルマラソンからあまり時間をおかずに長距離を走って脚力向上につなげるというのを実践してみました。

コースは杉並区南部をぐるりと回る、神田川玉川上水善福寺川という3つの水系を楽しむコースです。

年末に初めて30kmを走ったときの反省を生かしたコース設定と走りの内容をめざしました。

反省点

内容としては、積極的に坂を選んだせいか、前回よりも早く21km近辺で失速し始め、非常に苦しんでようやく30kmを走り切りました。3時間10分足らずでした。これくらいが今の実力なのでしょう。失速のきっかけは歩道橋の上り下りだったようです。やはり後半にアップダウンのあるコースに挑むにはもう一段スタミナを向上させる必要がありそうです。

気温が10度に届かない寒い日だったので、持参したゼリーを開けようと思ったら手がかじかんでうまく動かなくて、補給できなかったのは誤算でした。あと、擦れる部分にワセリンを塗り忘れたのはダメ。

コース解説

杉並区は東京23区にあって水と緑に恵まれている地域で、今回のように30kmの大部分を水辺に設定することができます。もちろん、そこに流れているのが清流とは限りませんが……。

丸ノ内線中野富士見町付近から井の頭線富士見ヶ丘あたりまでは神田川沿いを走ります。この区間が今回の中では信号の数が一番多い地帯かもしれません。工事中で迂回を余儀なくされた箇所もあります。夏は虫が多いという印象がありますが、今の季節なら水辺感を楽しんで走ることができます。

富士見ヶ丘中学のあたりで南下すると、玉川上水緑道に突き当たります。この道を井の頭公園あたりまで走ります。今は隣を走る車道の整備中で交通量も少ないのですが、完成して車が増えると排気ガスが気になるかもしれません。先ほど水辺と書きましたが、玉川上水の流れはかなり低い位置にあるのでほとんど見えません。

あと、この道路の杉並区内はコンクリートが固くて、脚への衝撃がけっこう大きいように思います。もう少しクッションのいい素材にならないものでしょうか。三鷹市内に入ると、未舗装の土の道になるので柔らかく、走りやすいです。

井の頭公園内で神田川の源流に接近するので、反転してそちらに向かいます。京王井の頭線井の頭公園駅あたりで神田川に別れを告げて、今度は善福寺川の源流を目指します。このあたりは水の流れのない区間ですが、道がまっすぐで歩道も広いところが多く、走りやすいと思います。

東京女子大の脇を抜けると善福寺川の源流、遅野井の滝がある善福寺公園に来ます。ここから中野富士見町近くの神田川との合流点まで10kmです。なぜわかるかというと、ジョギングコースの標識が断続的に設置されているからです。そこまで行っても30kmには達しないので、途中で寄り道をしたりする必要はあります。

そしてこの善福寺川ジョギングコース、いくつか問題点があります。

一つは、環八の越え方。コースの距離をどう測っているのかは知りませんが、善福寺川と環八が交わる地点には信号も横断歩道もなく、あるのは歩道橋です。その旨明示したほうがいいと思います。ジョギングコースを整備した時点では歩道橋を渡るのが常識だったのでしょうか。

もう一つ、荻窪近辺の川沿いの歩道は狭い地帯が多く、中には1人が通るぐらいの幅しかないところもあります。初めて通ったときには恐怖を覚えたほどです。そしてそれがけっこう長くて、2kmぐらいにわたるのです。これはどうにかしてほしい。共産党区議団に陳情してみようかしら。

そうした問題点を除けば、信号も少ないし緑も多いので全般的にはいいコースだと思います。月に1回程度はこれぐらいの距離を走ってみたいと思います。

体が温まる飲み物

この3連休のうち2日は雪が降る予報。初日の今日、東京では午前中かなり視界が悪くなるくらいの雪が降りましたが、23区でも最大5cm積もるという予測ほどは降らなかったようです。この3日のうち1日は30km走にあてたいと思っているので、月曜日もこれくらいの感じで済んでくれればありがたいのですが。

さて、寒い日は体が温まる飲み物が欲しくなります。

というと理想的には生姜汁とかですかね。最近人気の甘酒も温まるとは思いますが、50年かけて徐々に変化してきた味覚にはちょっと合わない、というのが正直なところです。飲んだ後でさらにお湯か水を飲まないと口の中がいつまでも甘くなるのはちょっと嫌なので……。

日中はやっぱりコーヒーを飲んでいます。温度が高くても体を冷やす方向に働く感じがするので、日中に限りますが。

アルコール飲料を摂取する機会はなるべく減らしていくようにしているのですが、休前日や週末の晩ご飯のときにはこの季節はよくホットワインを飲みます。

グラスに安い赤ワインを入れて、電子レンジで軽く温めて、粉のシナモンとクローブを振りかけるだけです。市販の小さい瓶入りの香辛料を使っていて、振るときの加減が難しくてかけ過ぎてしまうことが多いのが難ですが、わりと気に入っています。

ご飯の後さらに飲みたくなったので、昨晩はホット・バタード・ラムを作りました。

品名:ホット・バタード・ラム

材料(1人分)
  • ダークラム:40cc
  • お湯:160cc
  • 蜂蜜:ティースプーン1杯
  • バター:バターナイフ1すくい分
  • クローブ:少々
作り方
  1. グラスにお湯を注ぎ、蜂蜜を入れてかき混ぜて溶かす。
  2. ダークラムを注ぐ。
  3. バターを浮かべクローブを振りかける。

以上です。出来上がりはこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/Btn1ahRBh8wK0rQpN4QSfTTZTagpzJ1CGS8KCc0/

ホット・バタード・ラムを作ってみた。研究の余地はまだまだある

まだ試行錯誤の途中ですが、お湯は熱めのほうがよく、バターはもうちょっと少なくてもよかったと思いました。クローブはやっぱり入れ過ぎてしまいました。

若い頃はマイヤーズラムなんか大好きで、一人で二日酔いになるくらい飲んだりしていましたが、しばらくご無沙汰していました。最近また買ってみると、独特の風味が鼻についてあまり好きじゃなくなっていました。そこで簡単なカクテルなどを試してみているというわけです。いろいろ混ぜると風味は気にならなくなっていいですね。

やっぱり呼吸は変拍子で

当ブログの中で、がんばって書いたけど読まれている気配が少なくて反響も特にないのが、「呼吸のリズム」という記事です。単に「自分はこうしている」と記しただけで参考になるわけでもないでしょうから当然なのですが、他の方のブログでも「ランニングのときの呼吸法の話はあまり興味を持たれない様子」と書かれていたのを読んだことがあるので、呼吸に関して困っている人は少ないのかもしれません。

鼻呼吸か口呼吸かという悩み(?)はわりと普遍的なようですが、長い距離を走るなら吸い込む量が多い口呼吸一択で、迷う要素はないように思いますが、どうなんでしょう。

僕が気になるのはやっぱり呼吸のリズムのほうです。これに気を遣うことで故障が防げる可能性が高まるという指摘もあり、適切な呼吸法の探求は続けていきたいと思います。

先頃読んだ記事で、2+2拍子(吸う・吸う・吐く・吐く)にすると片方の足だけに衝撃を大きく受けることになり、奇数のように見える3+3拍子(吸う・吸う・吸う・吐く・吐く・吐く)であっても、吸うのも吐くのも常に左右のどちらかの脚の着地に一致してしまうので、長く続けると体の左右のバランスを崩すことにつながり、望ましくないとのことでした。

なるほど、それは一理ある気がします。

元ベネッセの原田泳幸氏も5拍子を推奨しています。

gooday.nikkei.co.jp

変拍子にする際に、吸うのと吐くのでどちらを長く取るかという問題もあります。自分の感覚では、吐くのを長くするほうが呼吸が深くなっていいように思いますし、原田氏もそう書いていますが、逆の主張もありました。息を吸うときよりも吐くときのほうが体がゆるみ、ゆるんだときに着地の衝撃を受けるのは体のゆがみにつながるので、息を吐くときに着地する回数のほうを少なくするべきだというのです。

www.runnersworld.com

これも一理あるような気がします。

その一方で、腹式呼吸でしっかり丹田に力が入っているなら、吐くときもそれほど体がゆるんだりはしていないのではないかという気もします。それに、やっぱり息を十分に吐ききらないと次の息がしっかり吸えないようにも思います。

というわけで、当面は5拍子あるいは7拍子での呼吸を心がけて走るようにしたうえで、息を吐く回数のほうを少なくすることができるのか、試してみたいと思います。