佐野洋子さん

絵本作家・エッセイストの佐野洋子さんが亡くなった。乳がんで闘病中だったことは公表していたので比較的知られていたと思うが、実際に訃報を聞くと愕然としたし、大きく報道された。
絵本では猫を登場させた作品が多い。報道では『100万回生きたねこ』が枕詞のようについてきた。もちろん素晴らしい作品だけれど、個人的な経験から一番思い入れがあるのは『空とぶライオン』なのだった。猫たちに人気のあったライオンが年取って死んでしまう。疲れているのに猫たちにいいところを見せようとして空を飛んでみせたりして、とうとう死んでしまうのだ。そして石になって……。
空とぶライオン (佐野洋子の絵本)
佐野 洋子
4061318985
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
佐野 洋子
4061272748
あと、翻訳を手がけた『かあさんのいす』も好きだったな。どれも子供にはちょっと難しいけど、そのうちわかってくれるはず。
かあさんのいす (あかねせかいの本 (8))
ベラ B.ウィリアムズ
4251005082