ライフログのことを考える

読書記録のためにわりと便利に使っていたMedia Markerがアマゾンの規約違反(?)をきっかけにサービス終了するとのことで、代替サービスを探さなければいけなくなった。
以前hontoのキャンペーンでブクログには登録してあって、メディアマーカーからのインポートもできそうなので第一候補かなと思っているが、読了数や購入数・金額などを月ごと・年ごとに見直したりする機能が見当たらないのが不満だ。使い続けるかどうかはわからない。
日々の記録をつけるアプリやサービスはほかにも使っていて、たとえば家計簿というか資産管理や入出金の記録を付けるのにMoney Forwardを使い、運動の記録を付けるのにRunKeeperを使っている。訪れた場所を記録するSwarmというアプリも入れているが、これはあまり使っていない。
いずれも細かい使い勝手に不満がないわけではないし、メディアマーカーと同様に何かのきっかけでサービス終了という事態に陥ってしまう可能性はどんなサービスにもついてまわる。他のサービスに乗り換える必要が出てくる場合もあるだろう。といったことを考えると、自分でFileMakerなり使って一元管理するというのがいいのではないか。データをサービス業者に完全に預けるのではなく手元で管理し、バックアップはDropBoxを使ってバックアップしておけば一応は安心できる。
とはいうものの、そういうスキルがあるわけではないし、何より今FileMakerを持っていないのでこのために5万なにがしかを払うのも釣り合わない感じだ。どうしたものか。