スマホを落としただけ

なのに。

という本のことは、書店で見かけただけですがすごく気になる本ですよね。映画化もされたようです。

すごい怖いことが起こってしまうんですよね……。

はい。

スマホ、落としました。

今日はインターバルトレーニングをしようと思ってジョグでグラウンドへ向かう途中、脇で「ガシャッ」というような音が聞こえた気がしたのですが……そのときに振り返って確認しておけばよかったと思っても後の祭り。

グラウンドに着いてストップウォッチとしてスマホを使おうと思ってポケットを探ったら、ない!

この前買ったベルトタイプのポーチに入れておけばよかった、と思っても後の祭り。

戻って探しましたが発見できず、近くの交番に届け出ましたが現時点でまだ連絡はなく。

Facebookで愚痴ったら、「GPSで探せるのでは?」というアドバイスをいただき、そうか、と思って「iPhoneを探す」を発動しましたが、考えてみれば有効にした記憶もなく、やはり「オフライン」という表示しか出ませんでした。

3年ぐらい前になくした現金5万円と社員証が入った財布も出てこなかったし、日本人の民度がそれほど高いとも思ってない(主語がデカい!)ので、再び目にすることは期待しません。

従来型携帯電話との2台持ちでおサイフケータイ機能なんかも使っていないし、極力依存しないように心がけてはいたので、実害はそんなにないとは思いますが、やはりそれなりの期間使ってきたので、なくなるといろいろ不便です。

最後にバックアップとったのいつだったっけな……。端末を変えたらLINEの人間関係とかどうなるんだっけ……。

はあ……

愚痴でした。お目汚し失礼しました。