読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理論社の本でおすすめ3冊

理論社が民事再生法の適用を申請。売上高に匹敵する規模の借入金があったらやっぱ苦しいだろうなあ。仮に不動産とか持っていたとしても。Twitterで見て「えっ『指輪物語』の?」と一瞬思ったが、それは評論社だった。一般的には『チョコレート戦争』『兎の眼…

ノーベル医学生理学賞

昨日のニュースになるが、今年のノーベル医学生理学賞に英国のロバート・エドワーズ Robert Edwards 博士が選ばれたとの報道があった。体外受精技術の開発者。日本の皇室もお世話になっている(かもしれない)のだから喜ばしいことである(ウソ)。 ところで…

モレスキン攻勢

売上が前年同期比51%増と絶好調のダイヤモンド社は『もしドラえもんが高校野球のマネージャーだったら』(なんか違う?)の貢献度が大きいようだが、手帳本のエキスパートともいうべき辣腕編集者市川有人氏が手がけた『モレスキン「伝説のノート」活用術 』…

川は静かに流れ

久しぶりに翻訳ミステリーでも読もうと思って買ったのがジョン・ハート『川は静かに流れ』。評判は高いし、読みやすかったけど、なんか今の自分には合わなかったな。家族のあり方とか、愛情の向け方の描写が自分の実感からすごく遠いところにある。昔はそう…

辞書における新語など

広辞苑などの大きな辞典が改訂になるとき、一般向けの報道ではどんな新しい表現が項目として付け加わったかということに注目が集まりがちだ。ところがこれは制作側にしてみれば実はそれほど重要なポイントではない場合が多い。特に、今の辞書市場で主流とな…

文具店の(客の)危機

今日、以前カードホルダーを買った八重洲地下街の文具店に行こうとしたら、地下街は改装中で、目当ての店はなくなっていた。もしかしたらその区画の工事が終わったら復活するのかもしれないが、東京駅一帯が客単価を上げる方向にどんどん向かっていっている…

指摘する

最近、日本語の文章で「だれそれは…と指摘した」というフレーズが目につくことが多い。なぜ目につくかというと、自分の語感では「指摘する」というのは一般に/ある人にとって意識されていなかった事柄をほかの人が言葉によって明らかにする、という含みがあ…

アラン・シリトー

ちょっと前のことになるが、英国の作家アラン・シリトーAllan Sillitoeが亡くなった(現地時間では4月25日)。少し思い入れのある作家なので簡単に書いておきたい。 大学に入った頃、何の気なしに本屋で見つけた永川玲二訳の新潮文庫『土曜の夜と日曜の朝』…

環境ビジネス関連用語

環境ビジネスというより、排出権ビジネス関連というべきか。また黒木亮の著作から。『排出権商人』(2009講談社)より。ページ数は省略した。約物・大文字小文字は原文通りではない。一般的な語の、参考になりそうな訳語も拾った。 additionality 追加性 ASB…

その他ビジネス用語

フルアンダーライト full underwriteか? 「全額引受」という訳語がついている。「融資を満額実行することを請合うこと」(p. 157)と書いてあるが、もとの言語(すなわち英語)での品詞がわからない。underwrite自体は動詞として用いるのが普通。 インマルサ…

航空関係用語

characteristics 〈航空機の〉仕様、〈計器・部品・エンジンなどの〉情報、運行記録、整備記録など airworthy (形容詞)航空に適する、安全に飛べる(『コンサイス英和辞典』第13版による語義) certificate of airworthiness 耐空証明書 fleet 『コンサイ…

twitterの代わり

twitterに投稿できなかったのでこちらに。 Yahoo!辞書の英和に『新グローバル英和辞典』が入ってるのに今気づいた。前からだっけ。どの版だろう、と思って見てみた。著作権表示のページによると、(C) Sanseido Co.,Ltd. 2006 となっているけど、これは紙の版…

threaten

Google threatens to leave China after attacks on activists' e-mail という記事がワシントンポストに出ていて、この話題とその後の展開は日本語のニュースでも取り上げられているが、この見出しで用いられている動詞 threaten の用法には、学習者はちょっ…

Noughtiesの話

So-netブログがasahi.comからの引用が簡単にできるようになっている(手順としては規約に同意する手続きとか必要になるんでそれほど簡単でもないけど)ので、月曜日(12月28日)の朝日新聞朝刊で見かけた00年代のことを何と呼ぶかという記事についての追加的…

辞書作りの舞台裏・レクチャー実践編

先日、母校の修学旅行生が会社に見えて、ここで書いた「辞書作りの舞台裏」を披露してみた。 しかし反応はいまいち。実際説明していて、ちょっととっちらかった所もあったし。一層の精進が必要と知った。練習台になってくれた高校生の皆さんごめんなさい。

辞書作りの舞台裏(2)

辞書の約束事 辞書の約束事で読者の皆さんにぜひ押さえておいてほしいことは、まず第一に、どこに何が書いてあるかという情報です。ほかに、いろんな記号類があるので、これも覚えておかなければならないような気になりますが、そんなに難しいものではないの…

辞書作りの舞台裏(1)

今の勤め先で、ときどき修学旅行などで会社見学に中学生・高校生が見えて、仕事の内容を説明することがある。そのときに使ったレジュメに加筆してまとめておきたいと思う。この会社に入って5年近くになります。その間、ずっと辞書の編集を主な業務にしてきま…

ググる言語学?

「言語学の研究をググってするというのはありなんだろうか?」「論外です」 以上。 古い話題で恐縮ですが。 上の記事に対するブクマには「Googleに頼ったらアルゴリズム変わったときに追試できねーじゃん。科学と呼べないだろ。」という感想をつけたのだが、…

fulfillment

週刊東洋経済のアマゾン特集号を見ていて、アマゾンの物流センターの名称に目がとまった。フルフィルメントセンターというのがある。たしかHMVのネット通販部門でもこういう名称の部署があるのを思い出した。同誌では「フルフィルメント(物流)センター」と…

beer summit

黒人の大学教授を白人警官が逮捕してオバマ大統領の失言が騒ぎを大きくした事件、解決を狙ってホワイトハウスでみんなでビールを飲んだけど、当事者間の溝は埋まらなかったらしい。 銘柄は、黒人のゲイツ教授がSamuel Adams, 白人警官がBlue Moon, オバマ大…

Jazz Me Blues

WordPress 2.8 がリリースされた。公式ブログでの告知記事のタイトルが2.8 Release Jazzes Themes and Widgetsとなっているのは、このヴァージョンのニックネームがチェット・ベイカー Chet Baker からとった Baker であることにちなむものだと思う。release…

Posterous始めました

新しいウェブサービスの名称って、うならされることが多い。この前始めたPosterousというのは、一種のtumblelogで、マルチメディアファイルをメールの投稿でアップロードさせてくれる。日本の現状にすごく合ったサービスだと思うけど、全然メジャーになる気…

語強勢の問題

2009年のセンター試験――発音問題で、第一強勢ではないところが問われている?で、 「下線部の発音が異なるものを選べ」の作問って、強勢があるかないかが一番重要なんじゃなかったでしたっけ。 と書かれているけど、ちょっと違うんじゃないかな。forgiveのfo…

出典はちゃんと明記してください

ここには英語関係のことを書くことにしようと決めていて、でも身元を半分明かしているので下手なことを書くといろいろ差し障りがあるかなーとか気にしていたけど、考えてみたら関係のない人にも広く読まれているわけでもないので、細かいことは気にしないで…

インストール

そういえばそんなタイトルの小説があったなあ。読んでない。 さて,Safari 4が出たので,会社のWindows XPマシンに入れてみた。Safari 3に上書きされて入った。 そのインストール中に出てきた表示の英文がおもしろい。それなりに時間がかかる作業なので,「…

平成21年度大学入試センター試験

昨日行われた英語の試験問題を見た。 第1問は去年より難しくなってないかな。ちょっとイディオマティックな表現が例年よりも目立つような気がする(毎年同じことを思ってたりして……)。 Bの問2で正解は "I'll tell you what." で,これは「(提案・申し出を…

administration

ウェッジウッドが経営破綻,というニュース。ガーディアンの記事Royal Doulton owner Waterford Wedgwood falls into administrationタイトルの表現が目を引いた。 fall into administrationというのは別にイディオムというわけではない。この場合のadminist…

見出し語の選択

『ジーニアス英和辞典』第4版の見出し語はけっこう多いので,どんなのがあるかわりと丁寧に見ていたら,意外と載ってない語もある。たとえば gravure とか。だからどうなんだというわけではなくて,ああそうなんだ,と思ったのでメモ。

subprime

某社のオンライン辞書でsubprimeを引くと,「金利がプライムレート以下の」という訳というか説明が出てくるんだけど,これ違うよね。サブプライムとは「条件がプライムよりも低い」の意であって,金を借りるときに金利がプライムよりも低いんだったら条件よ…

新刊和英辞典

丸善に『ライトハウス和英辞典』(第5版)が出ていたので買ってみた。前の版が今は手許にないのでページ数も項目も比較ができないが,ずいぶん薄くなっている印象。定価も下げているね。本文の最終ページが1418ページ。帯には「基本語重視で収録項目を厳選」…

政策金利

昨晩のうちに欧州中央銀行などが協調利下げを発表したのが大きなニュースになっている。僕が中学・高校で勉強した頃は,「政策金利」という言い方はしていなくて「公定歩合」つまり中央銀行から民間の金融機関への貸出金の利率が金融政策を表す数字だったん…

オーレックス英和辞典・和英辞典

オーレックスといえば東芝が昔もっていたオーディオのブランドで,オーレックスジャズフェスティバルなんてのも主催していた。ジャコ・パストリアスがビッグバンドを率いて来日したのもこのフェスティバルだったかな。 標題の「オーレックス」は上の Aurex …

Google副社長

『村上式シンプル英語勉強法』は今日の朝日新聞に出ていた日販かどこかのランキングで1位,アマゾンの語学部門でもしばらく見るたび1位で驚くほど売れている。帯には「米Google副社長」とあって,日本法人の社長だというのはあまり売り文句にならないようだ…

キャンペーン

はてなTシャツ欲しい!id:summercontrailと着たい! これ別に着たい相手が承諾してなくてもいいんだよね……。会ったこともないし,本名も性別も年齢も知らないけどペアルック。「銀河通信」みたいでいいよね。 最近Twitterで@saconの投稿をとても楽しみにして…

スドゥーコ

Suduko-Playing Jurors End Trial ちょっと前に話題になった,陪審員が眠気覚ましに数独をやってて裁判が中止になった事件の記事で,タイトルに Suduko という見慣れない文字がある。スドゥーコ? Sudoku にそういう変種(ヴァリアント)があるのかと一瞬思っ…

seismic

岩手・宮城内陸地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。 さて,形容詞 seismic は「地震に関する」「地震によって起こる」といった意味だが,文字通りの意味のほかに,比喩的な意味で使われることも多くなっているようだ。COBUILDの第5版では,次のよ…

Myanmar

languagehat.com: PRONOUNCED BURMA. Mac OSに付属の辞書アプリケーションの英英辞典 (New Oxford American Dictionary) で Myanmar を発音させると,Burma と同じになるのだという。GJ! と思って確認しようとしたら,日本語版OSには英英辞典がない! と思っ…

カタカナ表記

ねとらぼ:「iPhone」と書いて「アイフォーン」と読む - ITmedia News これで思い出したのだが,facebook のカタカナ表記に揺れがある。新聞の表記ルールでは基本的に二重母音の「エイ」(便宜的にカタカナで代用)は「エー」という長音で表すことになってい…

猫を電子レンジにかけてはいけません

http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20080530.wbc-cat31/BNStory/National/猫を電子レンジにかけて殺そうとした若い男性がカナダのブリティッシュコロンビアで有罪に。詳しく言うと,酔って彼女の家に来ていてカウチに座ったら,カウチが崩…

-erで終わる動詞

英語の単語で語尾が -er になっているものは,動詞からの派生語で「…する人/もの」を表す語だと思われがちだという。もうずいぶん前になるが,「(registerという名詞を派生させる)registという動詞はない」という記事が話題になったことがある。でも,そ…

referrer

「referer で伝えて楽しく日記」http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20061230/1167467999。正しくは referrer だね。違うって。コメントでご指摘いただいたように,コンピュータ用語としては referer が正しいそうだ。なぜ r を重ねないのか。強勢が前にある…

end

英文の財務報告書なんかで the year ended January 28, 2006 といった表現はよく見られる。この場合「2006年1月28日に終了する事業年度」といった意味で,まだ終わってない年度については the year ending January 28, 2009 とかいう言い方になる。ending の…

レント

rent ある経済書(というか一般向けの経済の啓蒙書というべきだろうか)を読んでいて,「超過利益(レント)」という表現に行き当たった。カタカナで「レント」と書いてあっても,原綴りは lent, rent などいろんな可能性があって正しく推測するのに時間を要…

経済用語ピックアップ2/6編

http://nosouth.com/frolic/diary/?date=20080206 で書いた通り,竹森俊平『1997年―世界を変えた金融危機』(朝日新書)を読んでいて,いくつか経済関係の英語表現でへえと思うものが目についたので,そのうちの一つをメモ。 contagion 一般的には「伝染」と…

経済用語ピックアップ1/28編

DR depository receipt または depositary receipt のこと。ビジネス英語辞典なんかでは「預託証券」という訳語だけが出ている場合もあるが,その「預託証券」とは何かというと,ジェット証券の株用語集によれば次のようなもの。 外国会社の株式を国内で流通…

経済用語ピックアップ1/25編

sweetener ぐっちーさんの金持ちまっしぐらに出てきたカタカナ語,スイートナー。これは sweetener のことで,原義は「甘味料」であるが,金融関係の文脈では特殊な意味を持つ。一般的な英和辞典では俗語として「賄賂,鼻薬」という訳語を載せていることがあ…

経済用語ピックアップ1/24編

ABS 経済用語としては asset-backed security(資産担保証券)のこと。銀行の貸出債権や企業の売掛債権などを担保に発行される証券。 昨日(1/23)付の日経朝刊では訳語を「資本担保証券」としていたような気がするが,「資産〜」だと思う。 なお,アメリカ…

経済用語ピックアップ1/16編

SIV 今日の日経で「欧米金融 損失10兆円超す」という記事の中に出てきた語。structured investment vehicle のことで,「投資ビークル」という定訳もあるが,辞書に載せるときは訳語を示すだけでは足りなくて,もう少し説明が必要だろう。日経の記事では「ス…

経済用語ピックアップ1/11編

日経の「金融トップ戦略を聞く」に載っていた語。聞かれたのはメリルリンチ日本証券の中山恒博会長。 CDO 「メリルリンチの(これまで計上した)損失はサブプライムと合成債務担保証券(CDO)という多数の事業の中の限られた一事業から出たもの」という文脈…

open verdict

open verdictという法律用語に関して,「 (検死陪審の)死因不明の評決」という訳語を載せている英和辞典があるが,これでは一読して意味がわからないと言われた。確かに。 研究社の『リーダーズ英和辞典』(そのオンライン版)には「【法】 有疑評決《検視…